を検索
この検索ボックスを閉じます。

Vape 検出器の比較: ニーズに適した HALO デバイスを選択するためのガイド

電子タバコや電子タバコの事件は人々が思っているよりも頻繁に発生しており、電子タバコや電子タバコは従来のタバコよりも害が少ないという幻想が全国的に深刻な被害を引き起こしています。

CDCによると、7,000年1月2022日から31年2023月32日までに、476件を超える電子タバコ暴露事例が報告されました。これは、2022年630月に報告された2023件から87.8年6,074月にはXNUMX件とXNUMX%増加しています。全暴露のうち、XNUMX%(XNUMX件) XNUMX歳未満の子供の間で発生しました。

高校での電子タバコの使用が 2.51 年の 2022 万人から 1.97 年には 2023 万人に減少するなど、報告すべき良いニュースもいくつかありますが、HALO スマート センサーのような電子タバコ検知器は、こうした事件をさらに最小限に抑え、学校全体での電子タバコの活動を防止するために依然として重要です。さまざまな環境。

HALO スマート センサーは、THC 検出付きの VAPE および VAPE を目的とした世界中の施設で使用されています。あなたがさまざまなテクノロジーを検討しているとき、私たちのチームは、あなたの特定のニーズに合ったVAPEデバイスを教育し、接続し、あなたの施設が直面している現在の問題を改善するのに役立ちます。  

Vape 検出の重要性

従来の紙巻きタバコと比較すると、電子タバコとペン型ベイプは、わずか 10 年前に市場に登場した比較的新しいタバコ製品です。電子タバコが肺の健康に及ぼす影響についてはまだ解明されていないことが多くありますが、 アメリカ肺協会 彼らは、電子タバコの使用と健康状態の悪化を結びつけるいくつかの厄介な証拠を報告しました。

 以下は、米国肺協会からの直接的な例です。

  • 電子タバコは、アセトアルデヒド、アクロレイン、ホルムアルデヒドなどのいくつかの危険な化学物質を生成します。これらのアルデヒドは、心血管(心臓)疾患だけでなく肺疾患も引き起こす可能性があります。
  • 電子タバコには、主に雑草を殺すために使用される除草剤であるアクロレインも含まれています。急性肺損傷や COPD を引き起こす可能性があり、喘息や肺がんを引き起こす可能性もあります。
  • 米国公衆衛生総局と全米科学・工学・医学アカデミーはいずれも、電子タバコの使用者が電子タバコによって生成された化学混合物を吐き出すときに発生する、中古の電子タバコの排出物を吸入する危険性について警告している。

HALO スマート センサーは、あらゆる環境における健康と安全の両方を強化します。このデバイスは煙や蒸気を検出するだけでなく、空気の質も監視し、完全なセキュリティデバイスとして機能します。

HALO スマート センサー オプション

HALO スマート センサーは、健康、安全、電子タバコに関する包括的な意識、データ、メトリクスを取得する IoT デバイスです。オールインワンのデバイスとして、HALO は、健康および室内空気品質の監視、電子タバコの検出、THC の検出、銃声の検出、緊急キーワード警告、可聴警告、光および占有警告、化学警告、VOC を提供することで人々と財産を保護します。警告、改ざん警告、および温度、湿度、圧力の警告。 

HALO スマート センサーは 3C または 3C-PC モデルで利用でき、複数のデバイスを HALO クラウドから簡単に管理できます。

HALO 3C: プライバシーを損なうことなく安全性を強化

HALO スマート センサー 3C は、カメラや音声録音なしで動作するため、プライバシーを損なうことなく、機密エリアの安全性とセキュリティを強化するように設計されています。新しいセキュリティおよび環境機能を導入し、銃声検知、騒音警報、電子タバコ検知、緊急キーワード警報などの既存機能を強化し、トイレや共用スペースなどのプライバシーエリアでの使用に理想的なソリューションとなっています。

HALO 3C 情報シートをダウンロード

HALO 3C-PC: プライバシーを維持 – 人数カウントを搭載

HALO スマート センサー 3C-PC には人数カウント機能が導入されており、個人のプライバシーを損なうことなく、健康、安全、電子タバコの検出における多機能機能が強化されています。小売、医療、教育施設など、さまざまな環境向けに設計されています。占有率測定には体温を検出するセンサーを利用し、個人を特定できる情報 (PII) を取得しないため、プライバシーが確保されます。 HALO 3C-PC は、占有アラートとエネルギー管理を通じてセキュリティをサポートし、多様な環境における最新のセキュリティ ニーズに対応する多用途のソリューションとなります。

HALO 3C-PC 情報シートをダウンロード

HALO クラウド: 複数のデバイスを同時に管理 

HALO クラウド プラットフォームは、複数の HALO デバイスを管理するための包括的なダッシュボードを提供し、健康状態と大気質を監視するためのリアルタイムのアラート、分析、履歴データを提供します。効率的なリソース割り当てのためのライブ ビュー マップ、デバイス管理のためのメンテナンス ツール、コンプライアンス要件を満たすための安全なログ機能を備えています。 HALO クラウドは、健康状態の文書化を強化し、セキュリティと大気質の傾向を特定するように設計されており、全体的な安全性と運用効率の向上に役立ちます。

HALO クラウド情報シートをダウンロードする

さまざまな市場における HALO

HALO は中核となるフリーサイズの製品ですが、個々の環境ニーズに適応して、さまざまな市場にわたる多用途のアプリケーションも提供します。で 教育の設定、安全で有益な学習環境を維持するために重要な、電子タバコと騒音レベルを検出することで安全性を高めます。 公共住宅と手頃な価格の住宅 空気の質を監視し、潜在的な安全上の脅威を検出する機能の恩恵を受け、居住者の健康を確保します。 医療および高齢者向け住宅施設 センサーを利用して健康的な屋内環境を維持し、環境モニタリングと緊急キーワード警告を通じて患者と居住者の安全を確保します。

サービス業、HALO センサーは、空気の質を監視し、安全上の脅威を検出することで、ゲストの安全と快適さを確保します。 商業および製造業 スペースでは、危険な状態を検出し、職場の安全を確保する機能を備えたデバイスが活用されています。 小売および銀行部門 占有監視とセキュリティ対策のための人数カウント機能の恩恵を受け、業務効率と顧客の安全性を向上させます。これらの市場全体で、HALO スマート センサーは多面的なユーティリティで際立っており、プライバシーを損なうことなく健康、安全、セキュリティに関する幅広い懸念事項に対処します。

ニーズに合わせて正しい選択をする

VAPE 検知器を選択するときは、施設特有のニーズを考慮してください。環境の評価には、占有レベル、潜在的な安全上の脅威、および健康規制の遵守を理解することが含まれます。ソリューションを評価するとき、既存のセキュリティ テクノロジと統合できるかどうかも疑問に思うかもしれません。答えは「はい」です。 HALO スマート センサーのようなスマート センサーと VAPE 検出テクノロジーは、 多数の統合 利用可能。お客様固有のニーズや進化するセキュリティ、プライバシー、環境要件に合わせた HALO のような包括的なデバイスに投資してください。

HALO を始める

適切な電子タバコ検知器を選択することは、特に子供や青少年が頻繁に利用する環境で増加する電子タバコ事件と戦う上で非常に重要です。 HALO スマート センサーは、プライバシーを損なうことなく健康と安全を重視し、さまざまなニーズに合わせた高度なソリューションを提供します。 HALO デバイスは、電子タバコや THC の検出、大気質評価、人数カウントなどの包括的な監視機能を備えているため、環境の安全性を確保するための主要な選択肢として際立っています。 

HALO の革新的なテクノロジーを利用して、コミュニティの幸福を優先することをお勧めします。詳細について、またはプライベート デモンストレーションをスケジュールするには、 私たちのチームに直接ご連絡ください。これからも皆様の安全で健康な環境づくりに貢献していきたいと思います!

IPVideo が施設の安全性を高めるのにどのように役立つかをご覧ください

注目のビデオ

HALO 3C の紹介

最近のケーススタディ

グリーンドット