を検索
この検索ボックスを閉じます。

Vape 検出に対する連邦政府の助成金

学区は実施している アーク検出器 〜へ 学校で電子タバコを止める. 多くの学校が複数の検出器を必要とするため、これらのセキュリティおよび健康デバイスのコストはすぐに増加する可能性があります。 ほとんどの学校が厳しい予算を持っていることを知っているので、民間または連邦の助成金は、これらの非常に必要とされている電子タバコ検出器を実装するための適切な資金を獲得するのに役立ちます. これらの助成金の多くは、教育施設が学生の健康と安全を向上させるためのものです。 一定の義務が満たされている限り、これらの助成金は一度獲得すると返済する必要はありません。 申請に適切な助成金が選択されると、学校は複数の助成金に申請したり、毎年申請書を提出したりすることもできます。 外部助成金を確保することは、多機能アーク検出器である HALO スマート センサーなどのセキュリティ デバイスの資金を獲得するための最良の方法です。

すべてが同じ機能を持っているわけではないため、特定の電子タバコ検出器のみが認可されたセキュリティ機器です。 多くの電子タバコ検知器には、セキュリティ デバイスとして分類できる機能がありますが、限られた範囲の機能で動作するデバイスは資格がありません。 これらの追加機能には、動き、音、および化学物質の検出が含まれますが、これらに限定されません。 これらの追加機能を備えた Vape 検出器は、特定の状況についてアラートを送信できるため、セキュリティ デバイスと見なされます。 他のデバイスは、アラートを送信したり、アラートの主な原因を特定したりしない場合があります。 これらの多機能蒸気検知器は、アラーム システムとセキュリティ モニターを XNUMX つの製品に組み合わせたものであり、助成金で購入することができます。

この問題に正しい方法でアプローチすることも重要です。 薬物使用を軽減しながら学生の健康と安全を改善することに関心を集中させることは、アーク検出器がセキュリティソリューションであるというメッセージを伝えるのに役立ちます. 電子タバコ検知器が学校の環境をどのように改善するかというビジョンを持つことで、必要な学校のセキュリティの改善により、助成金が承認される可能性が高くなります。

最終的に、複数の機能を備えた電子タバコ検知器は、学校にとってますます重要なセキュリティ デバイスになりつつあります。電子タバコ検知器は高価ですが、予算を削減したり、たゆまぬ募金をすることなく、これらの効果的なデバイスを入手する方法があります。連邦補助金からの資金提供は、指定された義務が満たされれば返済する必要がないため、究極の解決策です。残念ながら、補助金は忘れられることが多く、そのため申請時の競争が少なくなる可能性があります。しかし、ますます多くの学校が電子タバコ検知器を導入するための資金源を求めているため、状況は変わりつつあります。ウェブサイト 911.gov 助成金のリストがあり、その一部はアーク検出器の購入と設置に使用できます。

学校向けの HALO スマート センサーの利点を最大限に活用してください。私たちのことを調べてください リソースセクション 学校の電子タバコ検知器システムに関するケーススタディ、ビデオ、洞察をご覧ください。すべての HALO スマート センサーとシステムを探索する (茶事の話はこちらをチェック)!学校を電子タバコから守る準備はできていますか? お問合せ 学校システムを電子タバコのない学業への道に向けてスタートさせましょう!

IPVideo が施設の安全性を高めるのにどのように役立つかをご覧ください

注目のビデオ

HALO 3C の紹介

最近のケーススタディ

グリーンドット