を検索
この検索ボックスを閉じます。

学校が電子タバコ検知器を設置すべき 10 の理由

1. 学校の空気化合物レベルを監視する
学生が忍び込んだ日々のように バスルームとロッカールーム たばこを吸うために、学生は学校の敷地内の最も一般的な場所で電子タバコを吸っています。 蒸気検知器を設置することで、 空気の質を監視する 蒸気を吸い込むデバイスから放出される異常な化合物について。 タバコの煙とは異なり、電子タバコはエアロゾル蒸気を放出します。 ただし、エアロゾルは通常の煙感知器では検出できません。 代わりに、電子タバコ検知器が空気中の有害な化学物質の含有量を測定し、学生が学校の敷地内で電子タバコをいつ、どこで使用したかを教職員に警告します。

2.生徒が間接エアロゾルにさらされるのを減らす
間接喫煙の吸入による悪影響はよく知られていますが、「蒸気」も例外ではありません。 電子タバコ製品から放出される間接エアロゾルには、毒素、発がん性化学物質、ニコチン、THC の超微粒子が高濃度で含まれています。 受動エアロゾルの粒子は、たばこの煙よりも呼吸器系に入りやすく、肺組織の損傷、喘息、がん、および心臓や肺の問題のリスクの増加を引き起こす可能性があります. 蒸気検知器を設置することで、 学区は、キャンパス内で電子タバコを吸う活動を追跡することができ、電子タバコを吸う生徒と吸わない生徒の健康問題を減らすのに役立ちます。

3.学生の発達上の問題を軽減するのに役立ちます
電子タバコ製品に含まれる成分が青少年の脳の発達を妨げていることが研究で指摘されています。 思春期は学生にとって人生の重要な段階であり、成人初期まで体と心が発達し、適応していきます。 青少年は論理的推論ではなく、感情的または反応的な反応に基づいて意思決定を行う傾向があり、リスクを冒す傾向が高くなります。 生徒が薬物中毒になると、発達の不安定性が増します。 集中力、記憶力、神経可塑性、認知的意思決定を担う脳の領域は、ニコチンの影響を大きく受けます。 したがって、毒素にさらされると脳の発達に悪影響が及ぶため、生徒の学習と全体的な健康に重大な影響が残ります。

4. 依存症と闘うための意識を広める
さまざまな学区がさまざまなプログラムを実施して、若い大衆に薬物使用の影響と、それらの習慣を回避または停止する方法について知らせることは珍しくありません. 最近、電子タバコによる入院や死亡が急増しているため、中毒を避けるようメッセージを配布することは、学生の電子タバコ活動を規制する上で効果的なツールとなるでしょう。 より多くの症例が報告されると、学生は用心深くなり、完全に電子タバコを避けるかやめることができます. 教職員は、電子タバコや vaping デバイス (USB フラッシュ ドライブに似ているものもあります) を識別する方法も学ぶ必要があります。

5.他のゲートウェイドラッグや依存症への移行を思いとどまらせる
アーク検知器の設置 にとって極めて重要だろう 学生が他の薬物にアクセスできないようにします。 Vape デバイスには、中毒性の高い物質であるニコチンが含まれています。 電子タバコ企業は若者をターゲットにし、マーケティング戦略を使って彼らに製品を購入するよう説得します。 電子タバコにはニコチンが含まれているだけでなく、多くの学生がマリファナに含まれる成分である THC を含む「電子タバコ ジュース」を入手しています。

6. 親または保護者に長期的な影響を知らせる
学校の学部は考慮すべき 親に手を差し伸べる 学校の敷地内に電子タバコ検知器を設置する利点について。 保護者が子供が電子タバコの影響を受けることを懸念している場合は、学区が既知の影響を保護者に説明するのが最善です。 このようにして、親は子供たちに電子タバコの危険性について警告することができます. したがって、必要に応じて薬物カウンセリングを求めるなど、親や学校が適切な方法で懸念に対処できるようにします。 保護者と教育者は生徒に影響を与える重要な存在であるため、学校での電子タバコの問題を真剣に受け止めることが重要です。

7. 長期的な電子タバコの影響に関する限られた研究
過去 XNUMX 年間で電子タバコの使用率が増加したため、電子タバコによる病気の報告が増えているため、有害な影響に関する研究が続けられています。 電子タバコの長期的な影響と健康への影響については十分な情報がありませんが、一般的な電子タバコの症状は深刻な呼吸器疾患であり、電子タバコの習慣をやめないとエスカレートする可能性があります. 電子タバコを吸うことが原因で発作を起こすケースもあり、これはリキッドや中古のエアロゾルに含まれる化学物質や毒素が原因であることが研究で示されています。

8. 電子タバコ産業を規制する新しい法律の施行を支援する
学校に電子タバコ検知器を設置する 電子たばこに関する法律を規制するためのより多くのアイデアの創出につながるでしょう。 最近、vaping製品の制限についての議論が高まっています. 議論されているいくつかのアイデアには、電子たばこ製品を購入できる法定年齢を18歳から21歳に引き上げることや、子供やXNUMX代の若者を電子たばこに誘うために使用される電子タバコフレーバーの販売を禁止することが含まれます. 他の州では、電子たばこの税率や小売業免許を強制するなど、vaping の規制に役立つ法律を提案することで行動を起こしています。 一部の小売業者は、電子タバコの販売を完全に停止することも決定しました。

9. 学生の安全に投資する
Vape 検出器は高価な投資になる可能性がありますが、公衆衛生にどのように値札を付けることができますか? 学生の幸福がコミュニティにとって重要な問題である場合、これは 費用対効果の高い技術 生活を改善し、救うための購入価格の価値があります。 電子たばこの検出器に投資することで、火災や爆発など、電子たばこのバッテリーの誤動作によって引き起こされる事故による損害のコストを削減することもできます。

10. 生徒と保護者に、学校が生徒の電子タバコを止めるために真剣に取り組んでいることを示す
電子タバコ検知器を設置したり、大人が講義をしたりしても、学生にできることは限られています。薬物乱用に関連する主な要因は、仲間の影響です。これは、学生が電子タバコを購入する主な理由となります。友人が電子タバコの習慣を身につけるための重要な要素であるならば、友人はそれを防ぐための解決策でもあります。レートの上昇と問題について友人に話すことは、友人が禁煙するための出発点になる可能性があります。学校での電子タバコの使用に関しては、最も単純な解決策が私たちの社会に大きな影響を与える可能性があります。

 

HALO スマート センサーの検出器アレイでセキュリティを強化しましょう。当社の VAPE 検知器に関するその他のリソースについては、次のサイトをご覧ください。 HALO のケーススタディと有益なビデオ。学校での電子タバコのキャンセル能力を強化する準備はできていますか? 今日お問い合わせください!

IPVideo が施設の安全性を高めるのにどのように役立つかをご覧ください

注目のビデオ

HALO 3C の紹介

最近のケーススタディ

グリーンドット