を検索
この検索ボックスを閉じます。

VAPE 検知器と学生のプライバシー

特に学校内で、プライバシーが期待される領域にあらゆる種類のセキュリティ デバイスを配置することについて、常に懸念が存在します。 トイレと更衣室は、この懸念のためにセキュリティ デバイスが実装されていない学校内の主要なセクションの XNUMX つです。 したがって、学生は学校で電子タバコを吸うようになりました これらの人里離れた地域の中で、この方法では簡単に検出できません。

学校での電子タバコの検出 気化器から出る無色無臭のガスが原因で非常に困難でした。 ただし、学生のプライバシーを侵害することなく、学生が学校で電子タバコを使用していることを認識できる電子タバコ検出製品があります。 これらは vaping 検出装置 安全で健康的な環境で異常な臭いや音を識別して動作します。 次に、デバイスは、目前の問題に対処できる適切な役人にアラートを送信します。

バスルームと更衣室は、学生が学校でこっそり電子タバコを吸う XNUMX つの主要なプライバシー エリアです。 これは、これらの特定の空間に関連する隔離のために、多くの形態の違法行為に当てはまります。 バスルームや更衣室にビデオカメラを設置するという提案は、 それらの領域の期待されるプライバシー。 民間施設の使用中は、特に知らないうちに監視されるべきではありません。 ただし、電子タバコ検出装置はプライバシーの領域で生徒を積極的に監視しません。 このデバイスは単に周囲を監視して、生徒が学校内で電子タバコを吸っていないか、その他の不適切な活動が行われていないことを確認するだけです。 したがって、電子タバコ検知装置を使用すれば、ビデオカメラで監視されていないため、生徒のプライバシーが侵害されることはありません。 これにより、バスルームやロッカールームなど、プライバシーが期待されるエリアで視覚的に監視されるという懸念が軽減されます。 これらの地域に電子タバコ検知装置を設置すれば、生徒のプライバシーの境界を越えることなく、人里離れた場所にある学校での電子タバコの使用に終止符が打たれるでしょう。

これらのデバイスの実装 学校のトイレやロッカールームはさまざまな理由から理想的です。 XNUMXつ目は、生徒に見られることを気にする必要がないため、プライバシーが保たれることです。 これにより、学生の人種、性別などに基づくプロファイリングの量も減少します。 さらに、生徒たちは学校のプライベートエリアで今までのように簡単に電子タバコを吸うことができなくなります。 トイレや更衣室は常に、学生が喫煙やいじめなどの不正行為を行う場所でした。 この状況では、VAPE 検出デバイスを使用すると XNUMX つの効果があります。 学校での電子タバコの使用は、環境の異常を巧みに検知するため、特に電子タバコが設置されている地域では存在しなくなるだろう。 それに加えて、学生たちは、 いじめられない いじめが頻繁に行われるこれらの隔離された地域の他の人。 各デバイスは、口論や助けを求める声があった場合に音量の増加を検出し、適切な人にそれに応じて行動するよう通知します。 さらに、デバイスは、禁止されたアクティビティの発生をキャッチするためにモニターの前に誰かを配置する必要はありません。 つまり、デバイスとそれらが監視している領域を常に監視している人がいないということです。 ビデオ、オーディオ、化学物質のいずれであっても、何も記録されていません。 電子タバコ検出デバイスが行う唯一のことは、音声および化学的異常の分析を送信して、不当な活動を報告することです。 近くにいるすべての人のプライバシーを最終的に保護します。

これらのデバイスは、さまざまな方法で禁止行為の通知を送信することもできます。 電子タバコ検出デバイスは、火災報知器のように音を発し、内蔵ライトを点滅させて、その地域で不正行為を行っていることを警告することができます。 それ以外の場合、デバイスはテキストや電子メールを介して適切な役人に警告を発し、適切な行動を取ることができます。 必要に応じて、信号の多くの組み合わせをデバイスから送信して、裁量を考慮することができます。 このデバイスをさらにユニークなものにしているのは、デバイスが発するサウンドをほぼ何でも好きなように設定できることです。

さらに、アラートの種類ごとに個別のしきい値を設定できます。 更衣室のように学生が騒がしい場所では、音のしきい値を適切に調整して、不必要なアラートを送信しないようにすることができます。 vaping や煙、その他の異常のしきい値も、これらの領域でカスタマイズできます。 このようにして、この種の異常がわずかでも検出されると通知が送信されます。 したがって、これは学校での電子タバコの使用を防ぐのに役立ちます。 電子タバコ検出デバイスには、特定の領域で何が正常で何が異常かを判断する人工知能も組み込まれています。 つまり、バスルームと更衣室の通常の騒音レベルは、人工知能によって決定されます。 これにより、vaping 検出デバイスは、それぞれの特定の設定で正常と見なされるものに慣れることができます。

さらに、これらのデバイスは改ざんすることもできません。 各デバイスには、誰かがデバイスを妨害したり覆ったりしようとした場合に備えて、改ざんセンサーが組み込まれています。 その結果、各 vaping 検出デバイスは、以前の構成に基づいて、製品が不適切な動作を検出している、または干渉されているという適切なアラートを配信します。

ベーピング検出 デバイスは革新的であり、バスルームや更衣室などのプライバシーが期待されるエリアに実装するのに最適であり、それらのスペース内の人々のプライバシーを妨げることはありません. 個々のデバイスが別々の方法で動作する方法は多数あります。 学校での電子タバコの使用を阻止する バスルームとロッカールームのプライベート性を維持しながら。 学生は、監視されたり記録されたりすることを心配することなく、これらの施設を安全に使用でき、学校で電子タバコを吸うことによる害から安全に保たれます。

 

バスルームやロッカールームで生徒のプライバシーを守りながら、HALO の目立たない電子タバコ検知デバイスで学校のプライバシーを変革します。これらの革新的なデバイスの実装について詳しくは、次のサイトをご覧ください。 リソースセクション! お問合せ 今日から学校の安全と健康の強化を始めましょう!

IPVideo が施設の安全性を高めるのにどのように役立つかをご覧ください

注目のビデオ

HALO 3C の紹介

最近のケーススタディ

グリーンドット