シニア リビング コミュニティを管理する際の主な課題 – オールインワン センサー技術がどのように役立つか

介護施設、高齢者住宅、高度な介護施設などの高齢者居住コミュニティの管理と運営には、これらの施設の上級管理者に負担をかける独自の一連の課題があります。 HIPPA準拠の施設の維持から、すべてのスタッフ、居住者、患者、および訪問者の安全の確保まで、 これらの施設には技術が必要です 施設が効率的に稼働するように支援します。 ここでは、シニア リビング コミュニティを管理する際の主な課題と、テクノロジーがどのように役立つかについて説明します。

 

規制遵守の管理と引用の回避

ヘルスケアおよび介護施設の多くの施設には、従わなければならない一連の規制順守規則および規制があり、そうしないと多額の罰金を科されるリスクがあります。 したがって、福祉施設や高齢者施設の管理者は、施設のあらゆる面でコンプライアンスを確保するという大きな負担を負っています。 これを支援できるテクノロジーの好例は、 HALOスマートセンサー. HALO は、その多機能センサーと、 ハロークラウド、したがって、規制順守のコスト、時間、手間を削減し、保険料を削減できます。

 

転倒と攻撃への対応

高齢者コミュニティにサービスを提供するすべての施設にとっての最大の関心事は、介護中の患者または居住者からの転倒または攻撃に施設がどのように対応するかです。 による CDC、毎年約 36 万件の高齢者の転倒が報告されており、32,000 人以上が死亡しています。 さらに、毎年、約 3 万人の高齢者が転倒によるけがのために病院の救急部門で治療を受けており、1 回に 5 回の転倒でけがが発生しています。 このため、多くの施設では、居住者にパニック ボタン システムを導入して、転倒や患者の攻撃的な行動に迅速に対応し、スタッフや訪問者の安全を確保する傾向があります。 HALO はいくつかの 安全のためのセンサー測定値、モーションセンシング、音声キーワード、攻撃性、占有、およびパニックボタンアラートへの統合を含むため、HALOスマートセンサーは高齢者の生活コミュニティにとって理想的な投資となります。

 

アクセス制御

アクセス制御は、アクセスが制限された特定のエリアへの侵入を防ぐために、高齢者が住むコミュニティで特に役立つセキュリティの側面です。 また、入退室管理により、施設の職員は誰が施設に出入りするかを確認したり、建物の占有率を判断したりできます。 これらの施設のすべての訪問者、スタッフ、および居住者のセキュリティと安全は、施設への不正アクセスがないように、施設管理者にとって最優先事項です。 HALO スマート センサーには占有検出機能があり、部屋の占有率を判断し、患者が別の患者の部屋に入る、薬の保管庫、または禁止されるその他のアクセスなどの不正なアクセスがあるかどうかを判断します。 モーション検出も興味深いセンサーであり、寝たきりの患者が転倒やけがを防ぐためにベッドから出たかどうかを検出するのに特に役立ちます。

 

保険料・負債の軽減

これらのファシリティの多くは、保険会社に多くのリスクをもたらすため、その負債により保険料が高くなります。 これは、コンプライアンス管理と結びついており、管理に多くの時間と費用がかかる可能性があります。 HALO Smart Sensor は、火災、攻撃的な行動、過度の騒音を特定することで、保険料を削減するのに役立ちます。 HALO は、患者と居住者のプライバシーを保護しながら、これらすべてを検出します。

 

スタッフと家族の安全に安心を

施設入居者の家族にとって一番の関心事は安全です。 入所者の親族は、自分の愛する人が可能な限り最善のケアを受けており、良好な状態にあるという確信を持ちたいと考えています。 スタッフもまた、攻撃行為や施設への不正アクセスに対して特別な配慮がなされており、職場内の安全について同様の懸念を抱いています。 HALO Smart Sensorをシニアライフ施設に導入することで、双方の安心が可能になります。 HALO スマート センサーを介した利用可能な双方向通信により、居住者のニーズを確認できます。 スタッフは、緊急の支援が必要かどうか、またはテレビのリモコンを探す、枕を調整するなどの簡単な支援が必要かどうかを確認できます。 スタッフはまた、施設内の全員が安全であることを保証するために、攻撃検知や占有検知などの機能を備えた追加のセキュリティの恩恵を受けます。

 

 

HALO は、高齢者施設の次の投資に最適です。 今すぐお問い合わせ HALO スマート センサーが医療分野でどのように成長しているかについて詳しく知り、施設の無料見積もりを入手してください。