を検索
この検索ボックスを閉じます。

DPS は学校の敷地内で電子タバコを吸うことを検出する製品を検討しています

この記事は元々 WHIO TV 7 に掲載されたものです。元の記事を表示するには、 ここをクリック

デイトン — 地元のいくつかの学区では電子タバコの使用が懸念されていますが、デイトン公立学校 (DPS) は懸念の軽減に役立つ可能性のある新しいテクノロジーを検討しています。

学区は学校敷地内で電子タバコを検知するための新たな計画を提案した。 この計画には、HALO スマート センサー製品を使用して、バスルーム、ロッカー ルーム、階段で電子タバコを吸うためにこっそり抜け出す学生を捕まえることが含まれます。

「どこでそれを行っているかを取り締まるなら、使用することさえできないのに、なぜその時点で学校にそれを持ち込む必要があると思います」とドーント・ポンデクスター氏は語った。 ニュースセンター7のマリク・パターソン。

HALO が電子タバコの可能性を検出すると、校舎全体に接続されている HALO クラウド全体に送信されます。 これにより、検出がいつどこで発生したかのタイムログが保存されます。

学校は、HALO を既存のカメラ システムに接続することもできます。

HALO代表のエリック・ウィカム氏は、最近の教育委員会の会合で、「どの生徒がトイレに入ってどの生徒が出て行ったかを記録するXNUMX分間のブックマークビデオを作成できる可能性がある」と説明した。

計画を進めるかどうかはまだ決まっていないため、HALO製品は現在学区にはない。