を検索
この検索ボックスを閉じます。

オールダム郡の学校、電子タバコを吸って入院する生徒の増加を受けて警告を発令

オールダム郡の学校は、最近THCベースの電子タバコを使用する生徒が増加していることを受け、厳戒態勢を敷いている。

学区は金曜日、「深刻な懸念」を理由に保護者宛てに自宅に書簡を送った。

地区指導者らはWLKYに対し、ここ数週間で大麻誘導体が含まれていると思われる電子タバコに対して重度の反応を示し入院した高校生3人がいたと語った。

ルイビル大学医学部助教授兼電子タバコ研究者のアレックス・カール氏によると、電子タバコは肺や心臓、血管や精神の健康に悪影響を与える可能性があるという。

同様の危険があるため、オールダム郡立学校は保護者に警告を発した。

同区は書簡の中で、「すべての症例が入院に至ったわけではないが、典型的なマリファナの影響から逸脱した重大な被害妄想や幻覚の例もある」と書いている。

カール氏によると、これは、学生が使用している電子タバコに実際に何が含まれているかが不明であることを意味するという。

「多くのリキッドに何が添加されているのか、特に闇市場が存在する傾向にあるTHC製品に関しては、実際には分かりません」とカール氏は語った。

彼は、子供や十代の若者たちが電子タバコを周囲に渡したり、他の学生と共有したりする場合、特に懸念されると述べた。

地区指導者らは、校舎内の電子タバコセンサーが生徒の間でTHC電子タバコの使用が増加していることを警告していると述べた。これらは2022年にオールダム郡の学校に設置され、タバコ製品とTHC製品を区別できるようになりました。

書簡には、キャンパス内に違法薬物を持ち込んで捕まった学生は、バックナー・オルタナティブでの9日間の強制滞在を含む処分に直面すると書かれている。学校外では、クラス D の重罪を含む刑事告訴に直面する可能性があります。

学区は保護者に対し、薬物使用の有害な影響や永続的な影響について子供たちと率直に話し合うよう奨励している。