を検索
この検索ボックスを閉じます。

IPVideo Corporation がストーニー ブルック大学のワイヤレスおよび情報技術センター (CEWIT) に高度な開発施設を開設

ニューヨーク州ベイショア | 2 年 2019 月 XNUMX 日: 株式会社アイピービデオIP オーディオ/ビデオ録画、IoT センサー技術、受動的視覚兵器検出システムの大手メーカーである は、米国に高度な開発施設を開設したことを発表できることを誇りに思います。 ワイヤレスと情報技術の優れたセンター (CEWIT) は、国内で最も先進的な技術研究棟の XNUMX つであるストーニー ブルック大学にあります。 ニューヨーク州立大学ストーニーブルック大学研究開発パークに位置する CEWIT は、テクノロジー業界内で最も革新的でエキサイティングなコンセプトのいくつかを開発するために設計された学界と産業界のパートナーシップの集大成です。

IPVideo Corporation の製品開発担当副社長、Frank Jacovino 氏は次のように述べています。「ロングアイランドに拠点を置く当社にとって、これは素晴らしいパートナーシップであり、世界最高のエンジニアリング人材に現地でアクセスできるようになります。 私たちは、この才能ある人材と協力して、受賞歴のある HALO IOT スマート センサーと AVfusion の同期および認証されたオーディオおよびビデオ プラットフォームの新機能を構築できることを楽しみにしています。」

「IPVideo Corporation を CEWIT インキュベーター ファミリーに迎えられることを嬉しく思います。 私たちの使命の一部は、パートナー企業がポートフォリオを成功裏に成長させ、開発できるよう支援することです。 CEWIT インキュベーター企業として、IPVideo はテクノロジー サポート、ビジネス メンタリング、その他の有益なリソースの統合スイートにアクセスできます。 私たちは一緒に働き、彼らが成長するのを見ることに興奮しています。」 CEWIT 事務局長のサティア・シャルマ博士は次のように述べています。

IPVideo Corporation の詳細については、次の Web サイトをご覧ください。 www.ipvideocorp.com または631-969-2601呼び出します。

IPVideo Corporationについて
1996 年に最初のネットワークベースの監視録画ソリューションの 500 つを導入して以来、業界のパイオニアである IPVideo Corporation は、現在、IP ビデオ技術の力を活用する独自の革新的なソリューションの開発の最前線に立っています。 今日、同社のシステムは、フォーチュン XNUMX 企業、政府機関、地方自治体、公益事業、医療施設、学区、主要大学から信頼されており、人や財産を保護しながらリスクを軽減しています。 オープン スタンダードの哲学へのコミットメントと、クラス最高のパフォーマンスと価値の提供は、モノのインターネットに橋渡しする物理的なセキュリティ ソリューションから、教育、法執行機関、法執行機関向けの専用の HD オーディオ/ビデオ録画ソリューションまで、すべての製品の根底にあります。ヘルスケア、そしてその先。 同社の世界中の顧客ベースは、継続的な企業サポートとトレーニングの恩恵を受ける認定ディストリビューター、ディーラー、システム インテグレーターのネットワークによってサービスを提供されています。 IPVideo Corporation は、ニューヨーク州ベイショアに本社を置いています。 詳細については、次を参照してください。 www.ipvideocorp.com.

CEWITについて
ストーニー ブルック大学のワイヤレスおよび情報技術センター (CEWIT) は、ワイヤレスと IT の最先端の研究に重点を置いている米国有数の研究機関です。 私たちは基礎研究とその技術の実用化に重点を置いています。 私たちは、未完成のワイヤレスと IT 革命において新たな次元を形成し続けます。 イノベーションとテクノロジーは常にアメリカの世界的リーダーシップの特徴であり、技術革新の主要な発信源としての地位を維持することがこれまで以上に重要になったことはありません。 CEWIT は、多様なインキュベーター企業のニーズに合わせて設計された統合サービス スイートを提供します。 当社のスタッフメンバーは、科学、企業、コンサルティング、起業家精神/スタートアップベンチャーの認められた幅広い経験を組み合わせて、科学的審査とビジネス指導の両方を幅広く提供するため、CEWITに拠点を置く企業に直接利益をもたらします。 詳細については、以下をご覧ください。 cewit.org.